来季からパドレスに移籍するダルビッシュ有が音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、巨人残留を決めた菅野智之らに触れてメジャーリーグの移籍事情について持論を語った。

■「2021」の音声は【こちら】から。 この投稿は2021年1月11日15時51分まで無料で聴くことができます。

ダルビッシュは菅野や古巣・日本ハムからメジャー移籍を目指して断念した西川遥輝らの名前を挙げ、「ただでさえここ数年フリーエージェントの動きが悪かったところにコロナがあり、さらに進みは悪くなっている。お金を払いたくないチームが増えているほか、お金があったとしてもないと言える状況になった」と言及。少なくともあと数年は今の状況が続くとみて、「今後、日本からFAやポスティングで来る選手は、今まで日本人選手がもらえていたような額がもらえなくなる。どこかで妥協しなければいけないようになる」と予想した。また、パドレスに活躍の場を移す来季の抱負も語り、「パドレスはワールドシリーズ優勝を狙えるチーム。だからこそ謙虚になり、相手チームを研究して一戦一戦を勝つ努力をしていければいいなと思います」と意気込んでいた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net