男子棒高跳びでロンドン、リオ五輪代表の山本聖途(トヨタ自動車)が音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」に初めて投稿し、自分の名前に込められた思いなどを語って自己紹介した。

■「はじめまして山本聖途です」の音声は【こちら】から。

山本はハンマー投げの室伏広治と同じ中京大学の出身。「学生時代は陸上に没頭するあまり、単位を落としまくるギリギリの生活。だけど五輪出場や世界陸上で入賞を果たすことができた」と笑いながら振り返った。父が陸上で五輪出場を目指していたが、怪我で目標が断たれたことから「聖火台を一途に目指して頑張ってほしい」との思いを込められ「聖途」と名付けられたと、自身の名前の由来を紹介。「プレッシャーじゃないかと言われることもあるが、自分が感じていない。棒高跳びをやっているのも、五輪を目指しているのも好きでやっていること」と話した。サッカー少年だった山本が棒高跳びと“運命の出合い”をしたのは中学2年の時。「次回の投稿は棒高跳びとの出合いについて話したい」と予告をして締め括った。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net