13年夏の甲子園で“カット打法”で話題に、プロ入りを目指したが昨年11月に現役引退した

 花巻東時代に「カット打法」で話題を集めた千葉翔太さんが昨季限りで現役引退した。日大を経て18年から社会人野球・九州三菱自動車でプレーしてきたが、3年間でプロ入りの夢を叶わずにユニホームを脱ぐことを決断。Full-Count編集部では千葉さんに電話取材。小学4年生からの選手生活や高校時代に物議を醸したカット打法、今後の目標や夢を聞いた。

 スッキリした語り口だった。昨年11月に現役引退した千葉さんは小学4年生から16年間の選手生活を終え、「プロ野球を目指すにあたって社会人野球では3年間が勝負だと思ってやっていました。やり残したこともないですし、後悔もありません。中学生の時以外は全国大会を経験できましたし、本当に楽しかったです」と振り返った。年末には九州三菱自動車を退社。現在は故郷・岩手に戻り次の活動へ準備を進めているという。

 花巻東高3年夏の甲子園で外野手として4強入りし、日大3年秋に明治神宮大会に出場。プロ入りの夢を持って九州三菱自動車に入社したが、勝負の3年目は左肩痛に悩まされた。「春先に関節唇の怪我をして10メートルぐらいしか投げられなくて……。これまで怪我をしたことがなかったのでショックでした」。コロナ禍で試合どころか日々の練習もできず。昨秋に投げられるまで回復したものの、ユニホームを脱ぐ決断をした。

「打率でなく出塁率を――」。花巻東高時代、佐々木洋監督から口酸っぱく言われてきた。打撃では左翼、右翼と打ち分ける練習に集中し、時には三塁ベンチ方向へファウルを打つ練習も。「自分の役割は何かを模索しながら、なんとか出塁するつもりでやっていました。(ファウル打ちは)急に出来るようになったわけではないです。練習をやっていく中で身についていきました」。

 13年夏の甲子園。左打席からファウルで粘るカット打法が話題になった。最速153キロの安楽智大(現楽天)を擁する済美(愛媛)との3回戦では内野5人シフトを物ともせずに3安打。続く準々決勝の鳴門(徳島)戦では相手エースの板東湧梧(現ソフトバンク)に計41球を投げさせ、4四球と安打で5打席連続出塁した。しかし準々決勝の試合後、高校野球の特別規則に抵触するとして注意を受け、準決勝の延岡学園(宮崎)戦ではカット打法を封印。千葉は1球もファウルを打たず、4打数無安打でチームも敗退し、涙を流した。

甲子園でホークス板東ら好投手を攻略も高野連からの注意で封印「ルールなので仕方ない」

「あれは負けた悔しさの涙です。ずっと日本一を目標にしてましたので。(カット打法は)状況に応じた打撃をする上で、自分の引き出しの中の1つです。(カット打法の封印は)引き出しの中の1つがなくなったぐらいで。『ルールはルールなので仕方ない』と切り替えてやってました。(気持ち的には)いつもと変わらなかったです。結果は出ませんでしたが、それは言い訳にはならないです」

 158センチ外野手の持ち味は守備と粘り強い打撃。日大、九州三菱自動車でも、そのスタイルは変えなかった。「(カット打ちは)全部が全部ではなく、状況に応じてやっていました。ただ、投手の球筋も違うし、1人1人のレベルも高い。難しかったですね」と振り返る。それでも、野球選手としては小さな体でアマチュアの第一線を走ってきた。その経験と自負を地元へ還元するつもりだ。

「今までずっと野球。野球は人生の軸です。これからも何かしらの形で野球に携われればと思っています。野球をする人が増えてくれたら嬉しいですし、岩手県の野球のレベルが上がってくれれば嬉しいです。(カット打法は)ミートポイントを手前にずらすというイメージです。(子どもたちに)聞かれたら教えたいと思います」

 かつて甲子園を沸かせた千葉さんの野球への情熱は決して衰えない。

 ◆千葉 翔太(ちば・しょうた)1995年7月2日、岩手・奥州市生まれ。25歳。小学4年時から水沢リトルで野球を始め、投手としても活躍。花巻東高1年冬に外野手一本で勝負し、2年秋からベンチ入り。3年夏の甲子園に出場した。日大では1年春から2部リーグ戦出場。3年春に1部昇格し、同年秋にリーグ優勝を経験。明治神宮大会に出場した。158センチ、59キロ。左投左打。(小谷真弥 / Masaya Kotani)