リオ五輪でレスリング69kg級金メダリストの土性沙羅選手に独占インタビュー。その模様を4回に分けてお送りする。

「辞めたいと思ったこと、何回もあります」

日本女子レスリング界で圧倒的な強さを誇る土性選手。
小学生時代は“霊長類最強女子”を育て上げた偉大な指導者のもと練習を積んでいたが、あまりの厳しさにレスリングを辞めたくなったことも・・
どんなに辛くとも辞めずに続けられた、ちょっとお茶目!?な理由とはー

 

■土性沙羅(どしょう・さら)1994年10月17日生まれ。三重県出身。父親がレスリング経験者だったことがきっかけで、自身も8歳から競技を始める。高校時代は、全国高校女子選手権で3連覇するなど圧倒的な強さをみせる。至学館大学を卒業後、東新住建に入社。’16年のリオ五輪では69kg級で金メダルを獲得。東京五輪で連覇を狙う。

■DJケチャップ お笑い芸人として培ったトーク力を武器に、スポーツDJ、スタジアムDJ、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍中。マラソンや駅伝などのランニングイベントでは、累計300大会以上にて、大会DJだけでなく演出までを担当する。近年は楽天ジャパンオープンテニスや、侍ジャパン野球日本代表試合など国際大会のトーナメントDJも務める。

 

スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら
Androidはこちら