九州地区大会で鹿児島純心女子高等学校の主将、大堂藍音選手とS1の上妻朱里選手にインタビューを行った。【関連記事】東海地区大会 津東高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

●主将 大堂藍音さん

Q:キャプテンとしてチームを率いていく上で心がけていることを教えてください。

「練習の時の全体の雰囲気が良くなるように、まず自ら声を出して2年生を中心に声出しで練習を盛り上げていくことを心がけています」

Q:ご自身のチームはどういうチームですか?

「直向きに、前向きに皆で頑張れるチームだと思います」

Q:ご自身の学校で変わった練習や好きな練習などありますか?

「攻めるボールや守るボールの区別や、球際を意識して練習しています」

Q:今後の目標を教えてください。

「今回の全国選抜に出場することができなかったので、団体でインターハイ予選を勝ち抜いて(本戦に)出場できるように頑張りたいです」

Q:テニスの好きなところを教えてください。

「ボールの配球を一球変えるだけで(試合の)全てが変わっていくところが面白いところだと思います」

●S1 上妻朱里さん

Q:S1としてチームを引っ張っていく上で心がけていることをおしえてください。

「大きく声を出して周りに良い雰囲気を与えられるように心がけています」

Q:得意なプレーを教えてください。

「自分のフォアと相手のバックで深いボールでラリーをして、浅くなったところをストレートに展開するプレーが得意です」

Q:今後の目標を教えてください。

「目標は全国選抜に出場して一勝でも多く勝つことです。課題はサーブをもっと強化して、試合でラケットをもっと振り切れるように毎日練習を頑張りたいと思います」

鹿児島純心女子高等学校の皆様、ひたむきに、前向きに日々努力しながら目標に向かって頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は鹿児島純心女子高等学校の皆さん

(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)