サッカーのブラジル1部ボタフォゴに所属する本田圭佑が15日、ニッポン放送のラジオ番組「本田圭佑『NowVoice』」に出演し、プロ野球復帰を断念した新庄剛志氏に自身が立ち上げたサッカークラブ『Edo All United』への入団オファーを出したいとの考えを明かした。

新庄氏は12球団合同トライアウトを受けたが、設定した期限内にNPB球団からオファーが来ず、プロ復帰を諦める意向を示した。本田は「何を言っても賛否両論があるが」と前置きをした上で、「スポーツは見てくれる人がいなかったら成り立たない。新庄さんはお客さんをたくさん呼べる人、多くの人が見たいと思う人。それを競技視点、能力視点でだけ見ているのはあまりにも偏った考え」と持論を展開。「新庄さんにオファーを出す面白い球団が出てこないのは残念だなと思う」と感想を述べた。自身が創設し、わずか1年で東京都社会人サッカーリーグ3部に昇格したクラブ『Edo All United』を紹介し、「新庄さんにその気があるならすぐにでもオファーを出したい。運営に関わる会員のみんなも賛成してくれると思う。試合後半に、自分が走れると思った時間で出場してもらえれば」と ラブコールを投げかけた。最後には「新庄さん、やってくださいよ!」と熱いメッセージを送った。競技の垣根を超えた異例のオファーに新庄氏は応じるのか?? “スーパースター”の去就にまだまだ目が離せなさそうだ。

ラジオを聞き逃した方でも、「NowVoice」で12月16日午前8時30分からスペシャルバージョンとしてお聴き頂く事が出来ます。NowVoiceについてはこちら:https://voice.nowdo.net