柔道男子73キロ級の大野将平は音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、トレーニングにおける量と質のバランスについて自身の考えを明かした。

■大野将平「練習の質と量」の音声は【こちら】から。

「怪我のリスクを避けるため、量はやらずに質だけを求めている選手が増えているように感じる」と分析。その上で、「ある程度の量を決めて、それに慣れていくことが必要。量を求めることで、質を持続する心と体の土台ができる」と自説を語った。試合におけるスタミナの大切さを強調し、「量を当たり前にして、質を高めていく。これがとんでもないところにいく唯一の道だと信じている」と締めくくった。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net