男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は21日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのD・ティーム(オーストリア)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-5, 6-7 (10-12), 7-6 (7-5)のフルセットで破り、2年連続の決勝進出を果たした。
>>HEAD新作ラジカル”プロトタイプ”の試打会に潜入<<
>>ナダルvsメドベージェフ 1ポイント速報<<
この日、ティームは第11ゲームでジョコビッチからブレークに成功し、第1セットを先取。第2セットはマッチポイントを逃したが、ファイナルセットのタイブレークでは0−4から挽回して2時間54の死闘を制した。
ATPファイナルズ初制覇に王手をかけたティームは決勝で、第2シードのR・ナダル(スペイン)と第4シードのD・メドベージェフ(ロシア)の勝者と対戦する。
一方、敗れたジョコビッチは2018年以来2年ぶり8度目の決勝進出とはならなかった。
Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。
【グループ・東京1970】
N・ジョコビッチ 2勝1敗
D・メドベージェフ 3勝0敗
A・ズベレフ(ドイツ) 1勝2敗
D・シュワルツマン(アルゼンチン) 0勝3敗
【グループ・ロンドン2020】
R・ナダル 2勝1敗
D・ティーム 2勝1敗
S・チチパス(ギリシャ) 1勝2敗
A・ルブレフ(ロシア) 1勝2敗
[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>