エース・木澤からスイッチ直後、8番手の生井が逆転弾を被弾

 東京六大学秋季リーグ戦最終週は8日、両校の優勝をかけた早慶戦が神宮で行われ、早大が慶大に3-2で逆転勝ち。7勝3分0敗の勝ち点8.5ポイントで10季ぶり、法大と並んで歴代最多タイとなる46度目の優勝を飾った。

 慶大にまさかの結末が待っていた。2-1とリードしていた8回から7番手でヤクルトのドラフト1位・木澤尚文投手(4年)が救援。先発して7回3失点だった前日に続いての連投となった。優勝まであと1アウトに迫った9回2死から7番・熊田任洋遊撃手(1年)に安打を打たれると、ここで前日に本塁打を打たれている8番・蛭間拓哉中堅手(2年)を迎え、左腕の生井惇己投手(2年)にスイッチした。

 しかし、その初球をバックスクリーンに運ばれ、2ランを浴びて逆転負け。試合後は選手もベンチから立ち上がれず、非情の幕切れとなった。堀井哲也監督は、裏目になった継投について「私の判断でやったこと。選手には本当に申し訳ないことをした」と敗因を背負った。(Full-Count編集部)