散発5安打に封じられ、毎回15三振…V争いは崖っぷちに

 東京六大学秋季リーグ戦最終週は7日、両校の優勝をかけた早慶戦が神宮で行われ、早大が慶大に3-1で競り勝った。ドラフトで4球団競合した楽天1位指名の155キロ左腕・早川隆久投手(4年)が毎回の15三振を奪い、1失点完投。ヤクルトから1位指名された慶大の155キロ右腕・木澤尚文投手(4年)との“ドラ1対決”で通算13勝目を挙げ、優勝に逆王手をかけた。

 強打の「KEIO」打線も脱帽の出来だった。早川に対し、毎回三振を奪われた慶大。最速151キロの直球に多彩な変化球を投げられ、的を絞れない。0-1の7回に先頭の4番・正木智也外野手(3年)の二塁打から1死三塁とし、内野ゴロの間に生還。一時同点に追いついたが、7回3失点と力投したエース・木澤を援護できず。終わってみれば散発5安打、毎回の15三振を喫し、V争いは崖っぷちに立たされた。

 上位打線を組み替え、早慶戦に挑んだ堀井哲也監督は、早川について「今季を見ていると、十分にこういう投球をされるだろうと思っていた。力一歩及ばず」と振り返った上で「右打者、左打者、それぞれ狙いを絞って対策をしてきたけど、狙っても捉え切れない。球種も多彩で大量点は難しかった。今季の特徴と思うが、ホームベースの両サイドを使った投球をされた」と脱帽した。

 2季ぶりの優勝へ、8日は勝つしかなくなった。(Full-Count編集部)