野球ファンは、東都大学野球を「戦国」と表現する。各校の実力が拮抗しており、大学球界トップレベルともいえるからだ。

絶賛熱戦中の“戦国東都”秋季リーグ戦も残すところ1戦。10月27日から後半戦も始まり、明治神宮野球場を舞台に選手たちは早速気迫溢れるプレーを見せている。ベンチ内の雰囲気も高ぶっており、ラストイヤーにかける4年生の思いや、なんとしても先輩たちの花道を飾らせたい1〜3年生の願いなど様々な感情が渦巻いている。球場全体も熱を帯びており、日本で一番熱い戦いが展開されている。
優勝争いの行方や、4年生選手たちの最後の活躍に注目しながら1試合1試合を共に見守ろう。

スポーツブルでは、後半戦を目前にした主将たちを集め、特別対談を実施。「主将から主将への質問コーナー」と題し、相手チームの強さの秘密や、巷で騒がれている“噂”について切り込んだ。驚きの回答に、全主将が苦笑いする場面もあったが、試合で勝つための貴重なデータを集められたことは間違いなさそうだ。

中央大学:牧秀悟主将
亜細亜大学:矢野雅哉主将
國學院大学:小川龍成主将
立正大学:高橋翔大主将
東洋大学:山﨑基輝主将
駒澤大学:若林楽人主将

東都大学野球秋季リーグ戦(1部リーグ全試合)をスポーツブル内の特設ページ(https://sportsbull.jp/live/tohto/)で無料ライブ配信!