スポーツクライミングの東京五輪日本代表に内定している楢崎智亜が24日、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場(盛岡市)で行われたジャパンツアーのスピード男子第2戦に出場。3位決定戦で日本人初の5秒台となる5.90秒をマークし、自身が持つ日本記録を更新した。

 楢崎は予選を6.02秒で首位通過するも、準決勝で敗れてしまい3位決定戦へ。この大会最後の試技での記録樹立となった。8月には自身のInstagram上で池田雄大とのスピード対決を生配信し、非公式ながら5.877秒をマークしていたが、公式戦ではこれが初の5秒台となった。

 今大会で1位に立ったのは、第1戦でも1位に輝いていた竹田創。今年のスピードジャパンカップで3位に入った期待の18歳はビッグファイナルで6.11秒をたたき出し、彼もまた公式戦での5秒台到達へ近づいている。

 また、同日行われたジャパンツアーのボルダリング男子第3戦では、唯一の4完登となった川又玲瑛が1位となっている。女子のスピード第2戦、ボルダリング第3戦は明日行われる。

ジャパンツアーのスケジュールやランキング等の詳細はこちらから
ジャパンツアー各大会のリザルト等はこちらから

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮