観客を熱く盛り上げ、アスリートとファンを繋ぐ架け橋となっている彼女たちを応援する「スポーツブル」オリジナルのコンテンツ『CHEER(チア)』
試合に華を添える彼女たちも、またプロフェッショナルである。そんな彼女たちの魅力を深掘りし、1人1人の生き様にフォーカスしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。 
名前: Yuriko 
身長:160㎝ 
出身地:大阪府 
趣味:ドルフィンスイム. NFL.NBAチアチームのダンス動画を見ること 
特技:料理 
チャームポイント: 泣きぼくろ、笑顔 
役職やポジションなどがあれば:  3年程、広報.SNSを推進する役割をいただいております。 
何年目:4年目 

どのような理由やタイミングでチアを目指されましたか?
学生生活の終わり頃、就職は決まっていたものの、プロダンサーになりたいという思いを心にずっと抱えていました。 
その思いのまま東京で整体師をしていたのですが、そこで出会ったお客様が自分と同い年のダンサーを目指されている方で、話を聞いているうちに、やはり自分もまだ諦めたくない!という思いが日に日に募り、思い切って新卒で就いた仕事を辞めて大阪に戻りました。オーディションサイトを見ていると、幼い頃から馴染みのあるガンバ大阪に専属チアチーム「ガンバ大阪チアダンスチーム」がある事を知りました。直感的に「ここで踊りたい!」と思い、迷わずオーディション登録画面へと進みました。 ダンスは学生の頃からしていましたがチアは未経験でしたので、オーディションまでに苦手なダンスジャンルのレッスンに通って努力を積みました。合格通知をいただいた時はとても嬉しかったです。 
オーディションへのチャレンジから、「チャンスは自分から掴みに行く」ことの大切さを知りました! 

チア生活の中での1番のやりがいは何ですか?
パフォーマンスを通して、何万人ものサポーター様の心がワクワクするような時間を作る事が出来たとき、拍手の音や笑顔を肌で感じられるので、その時にやりがいを感じます。 スポーツは必ず勝敗がありますが、 試合中のみならず1日を通して、「来てよかった!スポーツ観戦って楽しい!また来たい!」とスポーツをより好きになっていただく為のお手伝いができる「チアリーダー」は、最高の職業だと思います。 

1番印象に残っていることや忘れられない出来事は何ですか?
ルーキーの時に負った怪我の事は今も心と体が鮮明に覚えています。その日は体の調子が良く、いつも以上にストレッチをしていました。その途中で鳴った「パンッ!」という音...。その時から脚を動かすのがとても痛かったのですが、その中にあっても気力だけで踊っていました。 
治療には通っていたものの、すぐに治るというものではなかった為、1日6時間の練習時間のなかで、痛みを堪えて冷や汗を流しながら踊っていた事を今でも覚えています。 誰かに伝えられたら良かったのですが、当時はその事を口に出すと、心も体もどんどんマイナスになっていきそうで、誰にも言えずにシーズンを乗り切りました。。 ですが読者の皆さん!絶対に真似せずに、すぐに周りの方を頼ってくださいね。 
私も今ではその経験を経て、周りの方に相談することの大切さを知りましたし、体の使い方も学ぶ事が出来たので、その後の3年間は大きな怪我なくパフォーマンス出来ています! 

チアをしていく中での難しい点は何ですか?
全員の気持ちを1つにし、それをダンスで表現する事。 チアダンスはこれがとても大切なので、何十人もの心を1つにさせないとダンスで「シンクロ」する事は出来ません。 ですが、全員でそれが出来た時の喜びはとてつもなく大きいです。 

1番大切にしていることは何ですか?
チアスピリットです。 
ガンバ大阪に対して、サポーター様に対して、またメンバーに対しても敬意を持って活動しています。 チアリーダーは素敵に踊れることが大切ですが、 それだけでなくチアスピリットを持つこともとても大切です。 チアスピリットがある人は所属先やサポーター様、メンバーからも信頼され、誰かを応援するのにふさわしい人だと思うので、私も意識して行動しております! 

オフの日(試合のない日)は何をしていますか?
友人と会ったり、今はコロナウイルの影響で外出する機会は少なくなったので、ビデオ電話でお話ししたりしています! すきま時間があれば、 練習動画を見返して、客観的に見てどんな踊りをしているのか等を研究したりもしています。チームメイトは素敵な踊り方や魅せ方をする方が沢山いるので、実際に会った時にもインプットやアウトプットをし合いながら、みんなで支え合い、1つのパフォーマンス作りに励んでいます。 

今後の目標(もしくは将来の夢)は?
夢は2つあります。 
1つ目は、ガンバ大阪がタイトルを獲る姿をガンバ大阪チアダンスチームの現役メンバーとして見ることで、 
2つ目は、誇りを持って自分が一生懸命取り組んだ姿を通して、子供達に夢を与えられるよう、そしてそれがまた幼い頃からしてきた「スポーツ」に対して恩返しとして繋がるよう、形にし、実現することです。 

◆◆◆ チーム情報 ◆◆◆  
ガンバ大阪チアダンスチームではオフィシャルSNSにてチアから見たガンバ大阪の情報発信をしております。ぜひご覧ください! 

★Blog★  
https://www.gamba-osaka.net/cheerblog/ 

★twitter★  
https://twitter.com/GambaOsakaCheer 

★Instagram★  
https://www.instagram.com/gambacheer_official/