『第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会』に華を添えるのは、大会イメージモデルとして4大会連続の起用となる、女優の山崎紘菜さん(所属:東宝芸能)だ。現役の大学4年生でもある山崎さんには、出場する選手たちと同じ大学生の視点で本大会の魅力を伝えてもらう。3回戦、準々決勝は秩父宮ラグビー場で場内向けの勝利チームインタビューを担当する予定。
 山崎さんは「昨年のラグビーワールドカップ、今年のリオデジャネイロオリンピックを経て、国内でラグビー熱がかなり高まっているなかでの今大会の開催となりますが、日本代表やトップリーグの試合に負けないくらい、この大学選手権大会も注目の集まる大会にできたら良いなと思っています」とコメントした。

 大会メインポスター用ビジュアルのメッセージ「あのボールに一回さわってみたくてラグビーを始めた。」は、今年10月20日に逝去された平尾誠二氏の発言から引用したもの。大会公式プログラム用ビジュアルの「Play with Pride + Attitude」は、日本代表のジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチによる、全国大学選手権に出場する選手に向けたメッセージだ。

■山崎紘菜さん プロフィール
やまざき ひろな 1994年4月25日生まれ、千葉県出身。
2011年の第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し、2012年に『僕等がいた 前編』(三木孝浩監督、東宝)でスクリーンデビュー。2016年は『MARS 〜ただ、君を愛してる〜』(耶雲哉治監督、ショウゲート)、『金メダル男』(内村光良監督、ショウゲート)、さらに現在フジテレビで月曜9時から放送中の『カインとアベル』にも出演。2017年には『チア☆ダン』(河合勇人監督、東宝)の公開が控えている。また、2013年から4年連続で「Girls Award」にモデルとして出演し、2016年から雑誌『JJ』のモデルを務めるなど活動の幅を広げている。