コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を1-0で敗れたFCバルセロナのロナルド・クーマン監督は、試合後の記者会見でヘタフェのMFアラン・ニョムに暴言を吐かれたことに腹を立てていた。
試合後、ヘタフェの監督ホセ・ボルダラスと話し込んでいたクーマンは、「ニョムは私に敬意を欠いた。彼は私に非常に醜い言葉を浴びせた。このことを受け入れることはできない。ここでは繰り返すつもりはないが、非常に醜いものだった」と会話の内容を明かした。
このフランス人MFは、試合中にレオ・メッシの顔面に肘を打ったことで主役の一人となった。この愚行にレッドーカードが提示されていても可笑しくなかったが、彼は最後までピッチに立っていた。
「審判について話すことは好きではない」と話すクーマンは、ニョムのメッシに対する行為に深く言及することはなかった。「ファウル、カードが多く見られたのは確かである。審判は複雑な仕事で、他のチームの意見を言うのは好きではない。我々は負けた、それが一番大事なことだ。レフェリーがいて、アシスタントが2人いて、4人目のレフェリーがいて、そしてVARがいて、まあ、今夜はVARがあったかどうかはわからないが、一番大事なのは自分達を見ることだ」