ジャパンラグビートップリーグは4日、第10節の残り3試合がおこなわれ、2敗差で先頭集団を追う前王者の3位・パナソニックと4位・神戸製鋼がともに勝ち、逆転優勝に望みをつないだ。

 パナソニックは本拠地・群馬の太田市運動公園陸上競技場でクボタと対戦し、34-25で勝利。
 追いつ追われつの展開となったが、前半37分、学生トップリーガーのSO山沢拓也がキックレシーブからのカウンターでタッチライン沿いを大きくゲインし、WTB山田章仁がサポートして逆転した。
 しかし17-11で迎えた後半早々、この試合がトップリーグデビューとなったクボタのWTBパトリック・オズボーンがインターセプトトライを挙げ、ゴールキック成功で再びゲームはひっくり返る。44分(後半4分)にはFB笹倉康誉が危険なプレーでレッドカードとなり、パナソニックはピンチとなった。
 それでも、14人で奮闘して敵陣でのプレーを続け、54分、ゴール前スクラムからのアタックで右へ振り、CTBリチャード・バックマンからオフロードパスをもらったゲームキャプテンのWTB北川智規が逆転トライを挙げ、チームを活気づけだ。北川はこれで、トップリーグ史上2人目となるリーグ戦通算100トライを達成。109トライを挙げているキヤノン所属(前サントリー)のWTB小野澤宏時に次いで、レコードブックに名を刻んだ。パナソニックはその後、山沢のブーツで加点し、70分にはLOヒーナン ダニエルもスコアラーとなり、勝利。
 パナソニックは8勝2敗(総勝点38)。クボタは3勝1分6敗(総勝点15)となった。

 神戸製鋼は福岡・グローバルアリーナで宗像サニックスと対戦し、60-21と圧倒。前半の30分間で6連続トライを挙げて勝負をほぼ決め、ハーフタイム前と後半の立ち上がりに反撃を受けたが、WTB山下楽平の2トライなどでリードを拡大。前半からパワフルな走りを披露していたCTBトニシオ・バイフは終盤にもフットワークよくゴールへ持ち込み、ハットトリック達成となった。
 ボーナスポイントを獲得した神戸製鋼は、パナソニックと総勝点で並んでいる。宗像サニックスは連敗で5勝5敗(総勝点21)となった。

 もう1試合は鹿児島・鴨池陸上競技場でおこなわれ、14位に低迷していたコカ・コーラが昨年度準優勝チームの東芝を22-17で下している。コカ・コーラが東芝に勝ったのは初めて。
 FBコーリー・ジェーンのトライで東芝が先制したが、コカ・コーラは前半15分にスクラムでターンオーバーしてゴール前のチャンスとなり、キャプテンのFL山下昂大がゴールに持ち込んで同点。その後、PGで勝ち越すと、26分にはCTBティモシー・ラファエレのキックをチェイスしたWTB猿楽直希が足でコントロールしてボールを確保し、チーム2トライ目。37分にはテンポの良いチームアタックをSH香月武がフィニッシュし、リードを広げた。
 後半は無得点に終わったコカ・コーラだが、東芝の反撃を2トライ1ゴールに抑え、金星獲得。
 コカ・コーラは2勝8敗(総勝点12)、東芝は4連敗で4勝6敗(総勝点22)となった。