岸、涌井、則本昂とローテの柱は軒並み30歳代

 2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

 ここでは各球団のポジション、年齢別の戦力構成を検証。今年のドラフトで補うべきポイントと、それにマッチするドラフト1位候補を挙げてみたい。今回は現在パ・リーグ3位につける楽天を取り上げる。

 チーム打率、得点数ともにリーグトップに立つ一方で、チーム防御率4.15は西武に次ぐリーグ5位と投手力に課題を残している楽天。先発防御率、救援防御率が共に4点台なのはパ・リーグで楽天だけと、まず真っ先に投手陣を整備しなければならないだろう。

 年齢別による構成を見ると、投手は20代前半から30代半ばまでバランス良く人材が並ぶ。ただ、岸孝之が36歳、涌井秀章が34歳、則本昂大が30歳とローテの柱が30歳を過ぎており、彼らの後を継ぐべき柱となるべき先発投手がいない。救援も牧田和久や青山浩二、福山博之が30代となっている。

野手は20代半ばの層が厚い半面、10代から20代前半の数が少ない

 捕手は太田光が頭角を現し、石原彪は21歳、堀内謙伍も23歳と若い。最年長の足立祐一と岡島豪郎が31歳とまだ老け込む年齢ではなく、現状で補強の緊急性は高くない。

 野手に目を移すと、主力の浅村栄斗や島内宏明、鈴木大地は30歳前後と今が全盛期。ルーキーの小深田大翔や小郷裕哉、辰己涼介は20代半ばとここから脂が乗っていく世代。気になるのは内田靖人、岩見雅紀といった右の大砲候補が伸び悩んでいる点、10代から20代前半の層が薄い点か。そこはドラフトで補いたいところだ。

 こう見ると補いたいのは即戦力の投手、そして、将来を担うべき若い投手と強打者となるだろう。即戦力では、1年目から柱になれる可能性を秘める早大の早川隆久投手や慶大の木澤尚文投手らが欲しいところか。

 ただ、過去3年、1巡目指名では将来性を重視した高校生を指名して抽選に外れ、即戦力の大学生、社会人を指名している。これまでの戦略通りに将来性を求めるなら、明石商の中森俊介、中京大中京の高橋宏斗、福岡大大濠の山下舜平大といった高校生を1位で指名し、2位以下で即戦力を狙う戦略も考えられる。(Full-Count編集部)