野球ファンは、東都大学野球を「戦国」と表現する。各校の実力が拮抗しており、大学球界トップレベルともいえるからだ。
毎年のようにスターも誕生していて、プロ野球で活躍する選手も多い。現在、絶賛熱戦中の“戦国東都”秋季リーグ戦で大車輪の活躍を見せている選手にピックアップし、プロのスカウトも惚れ惚れする魅力を紹介する。
秋季リーグ戦も残り2戦。優勝へと導くキーマンの姿は見逃し厳禁だ。

《牧秀悟》
どのコース、どんな球にも対応する打撃が魅力のドラフト1位候補。特にインコースの捌きは一級品。長打を量産できるパワーも持ち合わせ、今季は本塁打も放っている。昨春は首位打者、昨秋はMVPとベストナインに輝き、侍ジャパン大学日本代表では4番に君臨。今季も打率上位に付けており、五十幡と共に中大を引っ張っている。

東都大学野球秋季リーグ戦(1部リーグ全試合)をスポーツブル内の特設ページ(https://sportsbull.jp/live/tohto/)で無料ライブ配信!