テニスの世界ランキング6位である22歳のステファノス・チチパス(ギリシャ)は、「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)1回戦でフルセットの激闘を辛くも勝ち抜いたが、その時観客席で彼の父親が着用していたキュートなマスクがファンの間で話題を呼んでいる。米テニスメディアBaselineが報じた。【実際の写真】ファンも歓喜!チチパスのイラスト入りマスク

チチパスはジャウメ・ムナール(スペイン)との1回戦を4-6、2-6、6-1、6-4、6-4で辛勝したが、先に2セットを取られての逆転勝利はキャリアで初めてのことだった。全身黒のウェアを身にまとったチチパスは人目を引く姿だったが、彼の幼少時からのコーチでもある父親のアボストロス氏もまた人目を引いた。彼が着けていた白いマスクには、キュートなチチパスのイラストが描かれていたのだ。

試合の後でチチパスは父について語っている。「父は万能ナイフのような人なんだ。僕のためにいろんな重要な役目をこなしてくれる。コーチであり、心理学者であり、哲学者。それに、面白い人。父と一緒にいるのは楽しいよ」

アポストロス氏の着けていたマスクはCat Leeさんというアーティストが作ったもので、ネット上で販売されているようだ。イラストのチチパスはタキシードを着て微笑み、「乾杯」というようにグラスを上げている。

チチパスと父はこのイラストのように、大会後に祝杯を上げるのを望んでいることだろう。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全仏オープン」でのチチパス

(Photo by Julian Finney/Getty Images)