二冠馬コントレイルがここで始動。復帰戦を制し偉業達成に向かうことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■9/27(日) 神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・中京芝2200m)

 コントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は無敗の3歳牡馬クラシック二冠馬。父ディープインパクト以来史上3頭目の無敗三冠を目指し、遂に始動する。中間の調整は至極順調で、春からの成長も伺える。ここはきっちり勝利して本番に向かいたいところだ。鞍上は引き続き福永祐一騎手。

 ヴェルトライゼンデ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)はホープフルSで2着、日本ダービーで3着などの実績があるドリームジャーニー産駒。当初始動戦は前週のセントライト記念を予定していたが、中間の熱発により目標を切り替えてきた。春に続く池添謙一騎手とのコンビでどのような走りを見せるか。

 その他、京都新聞杯の覇者ディープボンド(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)、京都2歳Sの勝ち馬マイラプソディ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、古馬相手の札幌日経オープンで4着のシンボ(牡3、北海道・斉藤正弘厩舎)、プリンシパルSを勝ったビターエンダー(牡3、美浦・相沢郁厩舎)。デビュー2連勝のグランデマーレ(牡2、栗東・藤岡健一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。