Play Video

■明治大vs早稲田大
明大 000 000 001=1
早大 200 041 00X=7
【明】●入江、磯村、西城、石原-篠原、植田
【早】○早川-岩本

◎早稲田大・小宮山悟監督
「早川が抑えてくれるだろうということで、いかに点を取るかという試合だった。去年の秋は3試合連続シャットアウト負けのスタート。とにかく2ケタ得点を取ろうと試合に臨んだ。ちょっと(得点数が)足りなかったですけど、集中打で点数を取ることができていましたし、オープン戦からのいい状態を保ったままリーグ戦の開幕を迎えられた。早川(の好投)は想定内ですから。あれだけのボールを投げられる訳で、自信を持ってマウンドに送り出している。しっかりと投げてくれました。最上級生の自覚が出てきて、すべて良くなった。球の速さ、制球力にピッチングのコツもつかんだ」

◎早稲田大・早川隆久(4年・木更津総合)
「調子自体はそこまで良くなかった。いつも通りと思って投げました。力で投げるというより、コースに丁寧に投げることを意識したことが、こういう結果につながった。低めに丁寧に投げた中でカットボールが機能した。岩本のリードが良かった。(初打点は)今までタイムリーっぽい当たりはあったんですけど本塁タッチアウトになっていた。初打点がついてうれしいです。このような勝ち方をできたことですごい自信になる。入江とは大学1年の頃から投げ合おうと言い合っていたので、そういう意味でも今日はいい1日になった」

◎明治大・田中武宏監督
「ロースコアになるだろうということで、野手が工夫しないといけない試合だったが、早川君にそれを上回るピッチングをされた。入江は粘り負け。初回いい形で2アウトを取ったけど、その後に走者を許して、盗塁を決められた。今日はすべての球際で負けた。早稲田さんの執念に負けた。打線も1年生の西川の2本だけですから、何の言い訳もできない。試合に出たがっている選手はたくさんいる。明日に向けてメンバーの変更も考えたい。」

◎明治大・入江大生(4年・作新学院)
「開幕戦、大一番でこれくらいのピッチングしかできないのが、自分の実力なんだと実感しました。神宮で応援してくださったファン、応援団の方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。(早川は)自分よりもいいボールを投げるということはわかっていた。勝ちたい、チームを勝たせたいという気持ちだけは負けたくないと思ってマウンドに立ったんですけど…。こういう圧倒的な力の差を見せつけられて負けるというのは非常に悔しい。次は絶対に頑張りたい。明日から目の色を変えて、人格をかけてやっていきたい」