名物キャディーが1番グリーンの実際の映像を投稿

 男子ゴルフの全米オープンは17日に米ニューヨーク州のウイングドフットGCで開幕する。日本からは松山英樹(レクサス)、石川遼(カシオ)らが出場するが、グリーンを攻略できるかが大きなカギを握りそうだ。“レジェンド”セベ・バレステロスのキャディだったビリー・フォスター氏が自身のSNSで1番グリーンの映像を公開しているのだが……。ゴルファー泣かせの凶悪な仕上がりに米ファンからは「何が起きているんだ!」「信じられない」などと驚きの声が上がっている。

 こんなグリーンに一流プロたちはどう立ち向かうのだろうか。手前から奥へボールを転がした。グリーンの端まで到達し、ここで止まるかと思われたが、驚くのはここからだった。

 投げた方へ向かって戻ってきたのだ。それも止まるどころかどんどんボールのスピードは増している。そのまま元の地点を通り過ぎてさらに転がっていく。再び止まりかけたのだが、今度は方向を転換。さらに転がり続け止まったのはグリーンの逆の端。転がし始めてから止まるまでに要した時間はなんと42秒だ。

 硬いだけでなく細かなアンジュレーションも大きいようで、一歩間違えば大きくカップを外してしまうわずかなミスも許されないような状況だ。

米ファン悲鳴「このホールを終わらせられるとは思えない」

 百戦錬磨のフォスター氏は「全米オープンの1番グリーン。世界最高のプロたちによるクレイジーな戦いを今週目撃するでしょう。楽しんでみてください」と記して自身のインスタグラムで実際の映像を投稿。あまりの難グリーンに米ファンからは悲鳴が上がっている。

「グリーンに何が起きているんだ!」
「みんな見て! クレイジーだ」
「信じられない。当日は残酷なものになるかも」
「見ている分には楽しいものになるに違いない」
「どれほど馬鹿げたスコアになるのかな」
「パターに自信あるけど、このホールを終わらせられるとは思えない」
「ゴルファーの幸運を祈る」
「イカれている」

 同コースでは2006年に全米オープンを開催。当時はジェフ・オギルビー(オーストラリア)が5オーバーのスコアで優勝している。(THE ANSWER編集部)