ローマが、ユベントスに所属するイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ(27)の獲得に迫っているようだ。

イタリアを中心に各メディアからデ・シリオのローマ行きが確実視されている。イタリア『スカイ』によれば、ローマとユベントスは買い取りオプション付きのレンタルでクラブ間合意。買い取りにかかる移籍金や給与等の詳細は判明していないものの、デ・シリオの現在の市場価値は1000万ユーロ(約12億4800万円)と言われている。

一方、両クラブ間ではローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)に対するユベントスの関心も伝えられているが、デ・シリオの移籍オペレーションにジェコの去就は無関係とのこと。同選手に関しては、ローマがナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクを獲得出来るか次第のようだ。

なお、守備強化を図るローマはデ・シリオの他にもヴェローナのアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(20)との交渉も行われている模様。『スカイ』によればこちらもクラブ間合意に達しているというが、一方では個人間合意が未達との情報もある。