9月16日(現地時間15日、日付は以下同)。NBAは2019-20レギュラーシーズンのオールルーキーファーストチーム、セカンドチームを発表した。

 今季開幕から3月のシーズン中断までを選考期間とし、100人のスポーツ記者と放送関係者による投票(ファーストチーム票は2ポイント、セカンドチーム票が1ポイント)によって選ばれた今季のベストルーキー10名に名を連ねたのは下記の10選手。

※チーム名は略称

■2019-20オールルーキーファーストチーム

ジャ・モラント(グリズリーズ/200ポイント)

ケンドリック・ナン(ヒート/計197ポイント)

ブランドン・クラーク(グリズリーズ/計189ポイント)

ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ/計176ポイント)

エリック・パスカル(ウォリアーズ/計116ポイント)

■2019-20オールルーキーセカンドチーム

タイラー・ヒロ(ヒート/計115ポイント)

テレンス・デイビス(ラプターズ/計96ポイント)

コービー・ホワイト(ブルズ/計90ポイント)

PJ・ワシントン(ホーネッツ/計88ポイント)

八村塁(ウィザーズ/計74ポイント)

ドラフト下位指名が半数を占めたファーストチーム

ヒロは1票差でファーストチーム入りを逃す


 新人王に輝いたモラントが文句なしの選出。続いて新人王の最終候補に入ったナンが僅差で2位。そしてモラントのチームメート、クラークがザイオンを上回る得票数で3位、リーグワーストの戦績に終わったウォリアーズで奮戦したパスカルがファーストチーム入り。

 その中で、ヒートでローテーション入りしているヒロが1ポイント差でファーストチーム入りを逃した。ヒロはシーディングゲーム(順位決定戦)、プレーオフでシーズン中断前を上回る活躍を見せているだけに、もしシーディングゲームの期間も選考期間に入っていれば、ファーストチーム入りしていたと言っていい。

 セカンドチームではヒロのほか、デイビス、ホワイト、ワシントンに加えて日本の至宝、八村が選出。ウィザーズ(前身のブレッツ含む)の選手としてはフランチャイズ史上5人目の快挙で、セカンドチームとしては03-04シーズンのジャービス・ヘイズ(元ウィザーズほか)以来初となった。

 なお、そのほかでファーストチーム票を獲得したルーキーはRJ・バレット(ニックス/計61ポイント)、マティス・サイブル(シクサーズ/計55ポイント)の2選手。ファーストチーム入りした5人のうち、クラーク(1巡目21位)、パスカル(2巡目全体41位)はドラフト下位指名で、ナンはドラフト外。与えられたチャンスをモノにし、活躍を続けたことで高評価されたと言えるだろう。