メディアアクティブは、子育てサポートサプリ『鬼から電話』と日本バレーボール協会とのタイアップ企画第2弾を開始した。

5月に開催されたリオデジャネイロ五輪世界最終予選に続いて2回目のタイアップとなる今回は、『鬼から電話』に天皇杯・皇后杯に出場する選手6名からの電話が登場。期間限定で特別シチュエーションが『鬼から電話』に追加され、天皇杯・皇后杯に出場する選手から電話がかかってくる。

登場選手はパナソニック・パンサーズの清水邦広、豊田合成トレフェルサの白岩直也、日立リヴァーレの佐藤あり紗、他3選手。配信期間は12月25日まで。

インストール不要で試すことができるウェブ版には、スペシャルサポーターとして全日本男子チームでも活躍する石川祐希(中央大学)が登場。大会への意気込みや応援メッセージで天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会を盛り上げる。

『鬼から電話』は、鬼やおばけからの電話を駄々をこねたり、聞く耳を持たない子どもの気持ちを切り替えるきっかけにする子育てサポートサプリ。価格は無料(一部アプリ内課金あり)。

バレーボール選手から電話がかかってくる「鬼から電話」第2弾開始

バレーボール選手から電話がかかってくる「鬼から電話」第2弾開始

バレーボール選手から電話がかかってくる「鬼から電話」第2弾開始

バレーボール選手から電話がかかってくる「鬼から電話」第2弾開始