14歳ながらシニアの「テスト滑走会」に参加して快演

 フィギュアスケートのロシア勢が恒例の「テスト滑走会」を12、13日に行い、有力選手が今季のプログラムをお披露目した。ジュニアから“飛び級”で参加した14歳カミラ・ワリエワの滑りを現地メディアは称賛。「ロシア代表の認知されたリーダーたちに囲まれても存在感を失うことはなかった」などと評価している。

 ロシアメディア「ビジネス・ガゼッタ・ルー」は、「トゥトベリーゼ氏はワリエワに期待をかける? カザンのスケーターがシーズンのスタートでベストになった」との見出しで記事を掲載。テストスケートでワリエワが見事な滑りを披露したことを伝えている。

 記事では14歳のワリエワが“飛び級”でテストスケートに参加したことについて、新型コロナの影響によりジュニアのGPシリーズが中止となったことなどが背景にあると言及。「ワリエワにとって試合がない状態にならないように、彼女のコーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏は本来より1年早く、14歳のワリエワをシニアで演技させる決断をした」と説明している。

 同メディアはワリエワについて「カザンでキャリアを始めたフィギュアスケート界における若き天賦の才だ」としながら、「ワリエワがシニア選手とともにテストスケートに出場する事実に対しては懐疑的な態度がとられた。多くの人がジュニア選手の成長を急がせる必要性と彼女の特別なステータスが分からなかった」と参加を疑問視する声も少なくなかったと伝えている。

シェルバコワ、トルソワらの中でも光る「たとえ4回転で失敗しても…」

 しかし、そうした声をワリエワは快演で吹き飛ばしたようだ。SPではジャンプ、美しいスピンなどをノーミスで決め、フリーでは冒頭の4回転トウループに1度失敗したものの、その後の4回転を含む連続ジャンプは成功。記事では「ワリエワがリンクで自分の演技をすると、彼女の出場に関して懐疑的だった全ての人がその論拠を忘れた」と記載している。

 シェルバコワ、トルソワ、メドベージェワら錚々たる選手の中でも光った14歳について、同メディアはSP、フリーの両方で「ベストと言っていい」演技を見せたと記述。「ロシア代表の認知されたリーダーたちに囲まれても存在感を失うことはなかった」「たとえ4回転トウループで彼女が失敗しても、他のエレメンツでミスがなかったのが、彼女が今シーズンに向けいい準備ができていることを示している」などと評価している。

「大体において、フリーでのいくつかのミスを除き私はすべてに満足しています。70-80%、準備できています」とコメントしたと伝えられているワリエワ。2022年北京五輪の金メダル候補にも挙げられる天才は“飛び級”参加した舞台でも確かな実力を示したようだ。(THE ANSWER編集部)