イヴァン・ラキティッチ、アルトゥーロ・ビダル、サミュエル・ユムティティ、そしてジュニオル・フィルポは来季のロナルド・クーマンの構想から外れている。
FCバルセロナは大革命に取り掛かっており、オランダの新監督は大鉈を振るっている。
SPORT.esのジャーナリスト、ルイス・ミゲルサンス氏によると、ルイス・スアレスに新シーズンの構想外を告げたクーマンは、ラキティッチ、ユムティティ、ビダル、フィルポを構想に含めないことを決めた。スアレスのように監督から戦力外を直接伝えられた者もいれば、周囲の人達を通じて知った者もいるようだ。
バルサはこれらの選手達に移籍を促すことになる。クラブは資金を必要としている。
ラキティッチはプレミアリーグやセリエAのクラブからオファーを受けているが、最も望んでいるのが契約解除からのセビージャ復帰だ。ここ数日の内にバルサと交渉することになる。
ユムティティはイタリアのクラブにローン移籍する可能性もあるが、1シーズンだけであっても、バルサを去ることには消極的だ。交渉は難航している。
アルトゥーロ・ビダルは市場でも人気の一人だ。数日前にはPSGから連絡があり、イタリアではユヴェントスやインテル・ミラノが獲得に興味を示している。ローン移籍の可能性もあるが、バルサは完全移籍を望んでいる。
2000万ユーロ(約25億円)で評価されているフィルポの新天地は、イタリアが本命となる。