東京五輪の新種目サーフィンで、現役高校生ながら東京五輪代表に条件付き内定した松田詩野選手。日本中が注目する女子高生サーファーに、スポーツMCアリーがインタビュー。その模様を4回に分けてお送りする。

「どこに行ってもいいパフォーマンスができるように」

普段は海外での試合が多いという松田。遠征時に欠かせないアイテムを聞くと、意外な答えが…。どんな波でも力を発揮できる強さの源は、“〇〇味のグミ”だった!?

■松田詩野(まつだ・しの) 2002年8月13日生まれ。神奈川県・茅ヶ崎出身。両親の影響で6歳からサーフィンを始める。中学2年時にプロ資格を取得、中学3年時にプロへ転向。2019年5月の第1回ジャパンオープンで初代女王となる。同年9月、世界選手権に相当するISAワールドサーフィンゲームズ15位でアジア最上位となり、条件付きながら東京五輪代表枠を手にした。強い体幹と柔軟性を活かしたキレのあるライディングとサーフィン時のフローが持ち味。

■スポーツMCアリー 学生時代のスノーボード選手としての経験を生かし、アクションスポーツをはじめ50種目以上のスポーツシーンを盛り上げる。選手、観客、スタッフの’’三方が良し’’となるMCをモットーに、国際大会からローカル大会まで全国各地でマイクを握り、各メディアでもナビゲート役として活躍する。

スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら
Androidはこちら