昨年のワールドカップで大活躍して日本にラグビーブームをもたらし、今年、南半球のスーパーラグビーで挑戦したあと、フランスの強豪クラブ・トゥーロンに加入したFB五郎丸歩(30歳)が、同国最高峰リーグのトップ14でついにデビューを果たした。  かつて、SH村田亙(バイヨンヌ)、WTB吉田義人(コロミエ)、WTB大畑大介(モンフェラン/現 クレルモン・オーベルニュ)、NO8齊藤祐也(コロミエ)、SO岩渕健輔(コロミエ)らもフランスでプレーしたが、トップ14に出場した日本人選手は五郎丸が初めて。
 現地時間11月6日(第10節)、前節を終えた時点で2位だったトゥーロンは敵地に乗り込んで同11位のリヨンと対戦。  脱臼した右肩が回復して9月下旬から本格的な練習を始めていた五郎丸は、10月8日のラ・ロシェル戦以来となるベンチ入りを果たし、21点ビハインドの後半16分、負傷したFBジェームズ・オコナーに替わってフィールドに足を踏み入れた。  南アフリカ代表のWTBブライアン・ハバナ、元ニュージーランド代表のCTBマア・ノヌー、元フランス代表のCTBマチュー・バスタローら世界的スターと一緒にバックラインに入った背番号20の五郎丸は、落ち着いてタッチキックを蹴り、ボールを持っての果敢な前進や、献身的なプレーなどで約25分間奮闘。チームが終盤にトライを挙げたあとのコンバージョンは、この日トゥーロンのキッカーを務めていたSOピエール・ベルナールが蹴ったため、“五郎丸ポーズ”は見られなかった。  試合は13-27で敗れ、トゥーロンは3位に順位を下げている。
 豊富な資金力を持つトゥーロンは、ラグビーのクラブシーンでは世界屈指のスター軍団と呼ばれ、ヨーロピアン・チャンピオンズカップを3連覇(2012-13~2014-15)したことがある強豪。昨季は無冠に終わっており、3季ぶりのトップ14優勝と2季ぶりの欧州タイトル奪還を狙っている。
 11月のテストマッチ期間もトップ14は試合を実施し、トゥーロンのバックスの数名は各国代表に合流してチームには不在となるため、五郎丸の出場機会は増えそうだ。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆
★「ラグビー フランスリーグ TOP14」 ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。五郎丸歩選手が所属するRCトゥーロンの試合を中心に年間57試合放送予定!
■詳しくは、WOWOWラグビーオフィシャルサイト(wowow.bs/rugby)をチェック! http://www.wowow.co.jp/sports/rugby/top14/ ■『WOWOWラグビー公式ツイッター』 開設!⇒ https://twitter.com/wowow_rugby WOWOWのラグビー公式アカウントです。放送スケジュール、最新ニュース、スーパープレー動画等を中心につぶやいています!