複数名候補の中から創価大・田中を最有力に挙げていたオリックス。
東京ガス・山岡を単独で1位指名することに成功。
2位も立正大・黒木と即戦力投手を指名し、投手を中心に計11名を指名した。
1位の山岡は、ルーキーイヤーから先発ローテーションに加わり8勝をあげた。

ドラフト結果は以下の通り。

1位:山岡 泰輔投手(東京ガス)

2位:黒木 優太投手(立正大)

3位:岡崎 大輔内野手(花咲徳栄高)

4位:山本 由伸投手(都城高)

5位:小林 慶祐投手(日本生命)

6位:山崎 颯一郎投手(敦賀気比高)

育成1位:張 奕外野手(日本経済大)

育成2位:榊原 翼投手(浦和学院)

育成3位:神戸 文也投手(立正大)

育成4位:坂本 一将内野手(石川ミリオンスターズ)

育成5位:中道 勝士捕手(明治大)