ラグビー日本代表で不動のリーダーとして活躍し、代表監督も務めた平尾誠二氏が10月20日に亡くなった。享年53。今回の「藤島大の楕円球にみる夢」は、平尾氏を追悼する語りを送る(11月6日、21時時30分からラジオNIKKEI 第1)。

 平尾氏は京都市立伏見工業高校3年時に全国大会を制した。山口良治氏による熱血指導での花園制覇は、のちに国民的な人気ドラマとなる『スクール☆ウォーズ』のモデルになったことでも知られる。同志社大学に進学、当時では史上初の全国大学選手権三連覇を達成した。神戸製鋼ではチームを日本選手権七連覇に導き、ラグビー人気を盛り上げた。日本代表としてはSO、CTBとして活躍し、1987年、1991年、1995年のワールドカップに連続出場。1991年時には主将を務め、日本の初勝利に貢献した。

 藤島氏はスポーツ紙記者時代から「ミスター・ラグビー」を見つめてきた。伝説のラグビー名指導者、東に早稲田大学の大西鐡之祐、明治大学の北島忠治がいれば、西には同志社大学の岡仁詩がいた。岡のラグビー論と、その系譜を継ぐ平尾のラグビー精神とは――。取材時のエピソードも明かしながら故人を偲ぶ。リスナーへのプレゼントもある。

◆ラジオの聴き方:
ラジオNIKKEIは、「radiko.jp」のサービスを利用して、パソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。スマホ用にはアプリがある。なお、ラジオNIKKEIは、短波放送が受信可能なラジオ受信機でも全国で聴ける。7日午後には、ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信する。11月13日の夜9時30分から再放送もある。

◆番組サイト:
http://www.radionikkei.jp/rugby-radio/