今大会が初の公式戦となる早実と、3年生全員出場という目的を果たした国士舘

 高校野球西東京大会は1日、ネッツ多摩昭島スタジアムで4回戦が行われ、早実が7-0の7回コールドで明大中野八王子を下し、準々決勝進出を果たした。また、同球場の第1試合では国士舘が日野を2-0で破り同じく準々決勝に進出。勝った両校は3日、ダイワハウススタジアム八王子で激突する。昨秋東京王者の国士舘と、不祥事から昨秋東京大会を辞退した早実の強豪校対決はどちらに軍配が上がるのか。両監督が展望を語った。

 早実は序盤、相手先発・江口陽太投手を攻めあぐねるも、4回に6番中原由信内野手が先制の2点適時打。5点リードの6回にはその中原が公式戦1号のソロを放ち、明大中野八王子を突き放した。

 3回戦までは無安打もこの日3打数2安打3打点と活躍した中原に、和泉監督は「中原が一本出てくれたのがよかった。試合をあまりできていないなかでちょっと緊張もあり心配してたが、彼にとっては自分を勇気づける一打になったでしょう」と安堵の一言。この日2打数無安打1打点の2年生4番・清宮福太郎外野手については「活躍しているなかで相手も研究してきている。彼が飛びぬけてというより、チーム力で戦っている。彼がいることで前後にいい影響も出ているし、そういう意味では総合力で勝てている。期待している4番です」と話した。

 中原に待望の一打が出たものの、今年のチームは秋の大会辞退により、今大会が初の公式戦。「やはり公式戦は特別で、すぐに入れる子がいる反面、段々と場慣れする子もいる。もう緊張している選手はいない? さあ、どうだか。上に行けば行くほど別の緊張感も出てくるもの」と和泉監督も不安を隠さない。

 一方の国士舘は3年生部員全員の出場が今大会のテーマ。3回戦までは過去に例のない選手起用に頭を悩ませていた永田監督だが、この日で3年生全員が出場を果たし「全員出そうという目標は達成できた。ここから先はもう楽しんでやるだけ。のびのびやるだけだし、やらせてあげたい」と、この先は制約なしの全力勝負を明言する。

 注目の2年生4番を抱えながら試合勘に不安を残す早実と、全員出場というひとつの目的を果たし勢いに乗る昨秋王者・国士舘。勝利の女神はどちらに微笑むか、はたして。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)