いまだ男性プレイヤーが多い「ゲーム」の世界に、ひとりの女子高生が挑戦しているーー。

 ゲームを競技として捉える「eスポーツ」。なかでもオンラインゲーム「League of Legends(LoL=ロル)」は、国内外でさまざまなプロリーグが存在するほどの人気を誇る。

 LoLは5対5の戦略ゲームで、各プレーヤーは特徴が異なる多種から選んだキャラクターを操作。アイテムなどを駆使しながら、チームメンバーと共に戦術的に相手の本拠地を攻める、いわば陣取りゲームだ。

 そんなLoLのプロチームの練習生として、17歳の大友美有(N高等学校)が選ばれた。世代屈指のLoLの実力がありながら、高校生モデルとしても活動する大友。プロゲーマーと人気モデルという2つの夢を叶えるべく邁進する彼女の歩みに迫った。



LoLプロチームの練習生に選ばれ、モデルとしても活動する大友美有

【写真特集】eスポーツ界に現れた美しきヒロイン大友美有

ーーLoLとの出会いを教えてください。

大友 LoLを始めたのは中学2年生の春です。当時気になっていた男の子と一緒にプレーしたくて始めたのですが、その子はいつの間にかやめていて。でも私はLoLが好きだったので続けました。その後もやり込んで、高校2年の時にグランドマスター(全9ランクで上から2番目)に到達しました。

ーー現在在籍しているN高等学校(N高)へは、LoLを理由に転校したと聞きました。

大友 そうなんです。高校1年生の時にLoLの高校生大会の存在を知りました。大会に出場するには同じ学校でメンバーを5人集めないといけないのですが、もともと通っていた学校だと難しい状況でした。大会に出場したいという思いから、LoLで実績を残していたN高への転校を決めました。

ーー学校を変えるのは大きな決断ですよね。ご家族はどんな反応でしたか?

大友 実は中学生の時にも転校を経験しました。その時は友達がいなくなる寂しさを味わったので、「後悔しない?」と少しだけ心配されましたね。それ以外に否定的な意見はなかったです。それでも、両親は「しょせんゲーム」と捉えていたと思うので、N高から「女子高生ミスコン」に出場しファイナリストになることも目標に加えて、両親を説得しました。

ーーその後、LoLでは「第2回全国高校eスポーツ選手権」で優勝、女子高生ミスコンでもファイナリストになりました。結果を出した後、両親の反応に変化はありましたか?

大友 驚いていましたね。「そんなにゲームが強かったとは」「本当にファイナリストまで残ると思っていなかった」って。それまではゲームをやっている時には、弟や妹の面倒をみるように言われていましたが、今はゲームに集中させてくれます(笑)。ゲームやモデルの活動で帰りが遅くなる時は送り迎えをしてくれるので、感謝しています。

ーーゲームとモデル、2つの分野でさまざまな経験をされたと思いますが、特に印象的だったことは何ですか?

大友 やっぱり2019年のミスコンとLoLの大会はどちらも印象深いです。ミスコンはファイナリストになると、毎週土日に合宿があるんです。普段運動はまったくしない引きこもり体質の人間なので、合宿で集団生活をしながらダンスや歌のレッスンを受けるのは体力的に厳しかったです。それでも最後までやりきったことで自信につながりました。



2019年の女子高生ミスコンでファイナリストに選ばれた大友

ーーLoLの大会に関しては、どのような思い出がありますか?

大友 ミスコンの合宿期間中も、LoLの大会に向けていつもどおり22時ごろからLoLのチーム練習をしていました。夜遅くまで練習があると睡眠時間が削られて肌の調子も悪くなるので、「夜更かしイヤだな……」と思いながら練習していました(笑)。

ーーLoLプレーヤーの多くは、メンバーの予定が合う夜中にチーム練習をしますよね。生活リズムはどうでしたか?

大友 ミスコンに参加し始めた頃は、なるべく24時までに寝て、朝は7〜8時には起きて頑張ろうと考えていました。しかし、やはり練習があるとどうしても寝る時間が1〜2時になってしまうことが多かったですね。

ーーeスポーツ選手権で優勝したことで、何か変わったことはありますか?

大友 大会で優勝したことが海外でも取り上げられたらしく、外国のLoLプレーヤーたちからインスタグラムでフォローしてもらったり、英語や中国語、韓国語でメッセージをもらったりするようになりました。言葉がわからないので、お返事はできていないんですが……(笑)。

ーーLoLプロチームの練習生に選ばれるなど活動の幅を広げていますね。今後の目標は何ですか?

大友 ゲームではまずは今年の高校生大会で結果を出すこと。そして、いつか選手としてプロリーグに出たいです。将来的には実況・解説などにも挑戦して、LoLをもっと広めていきたいと思います。ただ、いきなりLoLを観てもらうのは難しい話だと思うので、配信やSNSを通してまず自分に興味を持ってもらえるように頑張りたいです。  それからモデルとして、雑誌に載ったり、ランウェイを歩いてみたいです。体幹トレーニングを始めたので、モデルの活動に必要な筋肉をつける努力をしていきたいです。



日々、LoLの練習に励んでいる

ーーゲームでは現状、女性プレーヤーが競技者としてスポットライトを浴びる機会が少ないですが、何か感じていることはありますか?

大友 女性だからという理由で、風当たりが少し強かったり、色々と言われたりすることもあります。ゲームそのものにネガティブな印象を持っている人が多いからなのか、男性プレーヤーの方が多いからなのかわかりませんが……。ゲームがもっと身近になって、性別に関わらず気持ちよくプレーできる文化が広まればよいなと思います。

ーー直近では8月に高校生eスポーツ大会「STAGE:0(ステージゼロ)」と、「第3回全国高校eスポーツ選手権」が予定されています。最後に意気込みをお願いします。

大友 どちらの大会も、N高で優勝する気持ちでいます。今も週5〜6回のチーム練習を続けているので、この調子で優勝を目指していきます!

【Profile】 大友美有 おおとも・みゆう
通信制のN高等学校3年。スターダストプロモーション所属。2019年12月開催の「第2回全国高校eスポーツ選手権」LoL部門にN高eスポーツ部として出場し、優勝。20年7月にeスポーツプロチーム「Rascal Jester(ラスカル・ジェスター)」の練習生に加入した。「女子高生ミスコン2019」では関東エリアグランプリを受賞し、ファイナリスト入りを果たす。ゲーム内では「ShakeSpeare(シェイクスピア)」の名前で活動。

撮影協力:浦辺制作所
撮影スタジオ:JCG豊洲スタジオ