来年のスーパーラグビーへ向けてニュージーランド勢5チームがスコッドを発表し、日本代表47キャップ保持者のFL/NO8リーチ マイケル(28歳・東芝)は来季もチーフスでプレーすることが明らかになった。
 チーフスに初加入した2013年は怪我に苦しみ南半球最高峰リーグの舞台に立つことはできなかったリーチだが、2015年3月のストーマーズ戦でデビューを果たし、以来、チーフス不動のNO8として活躍している。
 実質2年目だった今年はチームへの合流が遅れ、右手親指の脱臼で途中離脱したものの、10試合に出場。3トライを挙げ、タックル成功率は94%だった。

 なお、2016年のチーフスでチームメイトだったPR山下裕史(神戸製鋼)は11月2日に発表されたメンバーリストには入っていない。
 また、ハイランダーズで4季活躍したSH田中史朗(パナソニック)と、今年ブルーズでプレーしたマレ・サウ(ヤマハ発動機)も、同チームの2017年度スコッドに名前はなかった。

 スーパーラグビー参戦2年目となるサンウルブズ(日本チーム)の来季スコッドはまだ明らかになっていない。

 ほかの日本代表選手では、NO8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)がオーストラリアのレベルズに新加入してスーパーラグビー初挑戦となり、レッズに欠かせない存在となったFL/NO8ツイ ヘンドリックは同チームで3季目を迎えることが決まっている。

<スーパーラグビー2017 NZチームの主な新加入選手>

【ブルーズ】
CTBソニービル・ウィリアムズ(チーフス)、SHオーガスティン・プルー(チーフス)

【チーフス】
FLリアム・メッサム(東芝/昨季終盤にセブンズNZ代表から復帰)、CTBティム・ナナイウィリアムズ(リコー)

【ハリケーンズ】
CTBジョーディー・バレット(クルセイダーズ)、LOサム・ラウシ(ワラターズ)、WTBベン・ラム(ブルーズ)

【クルセイダーズ】
WTBディグビー・イオアネ(Honda)、CTBセタ・タマニヴァル(チーフス)、CTBティム・ベイトマン(前コカ・コーラ)、SHブリン・ホール(ブルーズ)

【ハイランダーズ】
WTBテヴィタ・リー(ブルーズ)、PRガイ・ミラー(フォース)

※ ( )内は昨季所属チームまたは現所属の日本チーム