タレントの武井壮さんは7月12日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新。自身が監督を務めるサッカークラブチーム「One Tokyo」の公式戦初戦に思いを馳せた。

■武井壮「ONE TOKYO FC開幕戦」の音声は【こちら】から。

チームはブラジル1部ボタフォゴの本田圭佑が立ち上げ、東京都社会人4部リーグに所属する。11日に東京近郊でリーグ開幕戦を「酉松会(ゆうしょうかい)ア式蹴球部」と戦い、7-0で大勝した。
武井さんは、冒頭で監督就任までの経緯を説明。サッカーの経験がないので「ヨーロッパの試合を見たり、試合中に1人の選手にフォーカスして運動量や仕事の配分量などを確認したりして、2、3カ月勉強した」。11日の試合では、「スペースの使い方やボールを持った時の状況判断など、選手たちの意図を理解することができ、監督としても成長することができた」と話し、監督をしている間に「選手の鍛えた能力を最大限に活かせる采配で勝利に導けるようにしたい」と意気込んだ。「まずは今年、4部から3部への昇格を目指して戦っていきまので、応援をよろしくお願いします」と呼び掛けている。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net