WWEチャンピオンのASUKA(アスカ)は7月2日、音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を初めて投稿し、新型コロナウイルス感染拡大による影響を訴えた。

■ASUKA「フロリダ州で感染者9000人超え」の音声は【こちら】から。

今、遠征で滞在しているアメリカのフロリダ州では「1日に新型コロナウイルスの罹患者が9000人を超えた」と現地の状況を説明し、「 私は撮影のために10日間以上ここにいる」と話した。WWEについては「アメリカのテレビ番組で毎週ライブ放送で試合をしているけれど、新型コロナウイルスが流行してからは今の時期だけ収録になっている」と紹介。収録前に毎回検査をしていることも明かした。 「今のところは陰性だった」と安堵し、「皆さんも本当に大変だと思うけれど、帰ったら手洗いうがい、外に出たらマスク、消毒を一緒に頑張りましょう」と呼び掛けている。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net