発足から3季目となったオーストラリア国内プロリーグのNRCは、10月22日にNSWカントリー・イーグルス×パース・スピリットの決勝がおこなわれ、レギュラーシーズン3位のパース・スピリットが準決勝に続きアウェイでアップセット、20-16で初の王者に輝いた。

 試合会場はレギュラーシーズン1位のNSWカントリー・イーグルスのホーム、シドニーから北に約400km、人口約6万人のタムワース(Tamworth)という町でおこなわれた。決勝の舞台となったタムワース・ラグビーパークでは、各チームのスターティングメンバーが一人ずつアナウンスされピッチに登場するなど、スモークも使った演出も施されたが、国歌斉唱では伴奏の音が流れず、選手たちが失笑しながらアカペラで歌い、キックオフを迎えた。

 試合はここでもNRCならではといった様子で、両者PGを選択せず、ボールを動かしトライを狙う展開。スーパーラグビー、ウェスタン・フォースのCTBコンビであったカイル・ゴッドウィン(イーグルス)、ベン・タプアイ(スピリット)が、それぞれ12番を背負い対面として激しくぶつかると、イーグルスPRパディ・ライアン(ワラターズ)、スピリットPRペック・コーワン(フォース)といった、オーストラリア代表キャップホルダーたちが機動力を発揮。密集でボールを前方へ運び、ディフェンスでもしぶとさを見せるなど、スクラムのみならず存在を示した。

 最初に得点が動いたのは開始から30分が経過した時。スピリットのFBルーク・モラハン(フォース)が自陣22m付近で相手キックのフィールディングからカウンター、一気に敵陣22m付近まで駆け上がると、短いキックをゴール前に転がし、それをイーグルスのFBアンドリュー・ケラウェイ(ワラターズ)がボールのバウンドに嫌われファンブル、走りこんだモラハンがそれを拾い、このゲーム最初のトライが生まれた(ゴールキック失敗、6-0/NRCでは1トライ=6点)。

 その直後、33分には、スピリットのPRジャーメイン・アインズリー(フォース)が力強い走りでディフェンスを振りほどきゴール前に迫ると、そのラックから素早く出てきたボールを最後はSHライアン・ローレンス(フォース)が左隅にトライ、追加点を挙げた。

 37分、今度はイーグルスが敵陣ゴール前のラインアウトからフェイズを重ねると、ラックサイドに持ち出したボールがスピリットの素早いディフェンスにより後方にこぼれ、それを拾ったFLサム・フィグ(7人制オーストラリア代表)がトライ。ゴールも決まりイーグルスが12-8と4点差に迫った。

 しかし、後半も先手を取ったのはスピリット。
 44分、イーグルスのFLローワン・ペリーがイエローカードで一時退場の間、イーグルス陣ゴール前のスクラムから、スピリットNO8ブライナード・スタンダー(フォース)が持ち出し、SHローレンスが短いパスを受け取ると、そのままゴールに飛び込みこの日2本目のトライ。ゴールも決まりイーグルスを突き放した。

 その後、両者果敢に攻めるも、お互いのしぶといディフェンスに阻まれる時間が続く。
 何としても次の得点を挙げたいイーグルスは、75分、スピリットゴール前で得たペナルティから素早く仕掛けると、ラックからのピック・アンド・ゴーで、最後は、リザーブから出場のCTBトム・ヒルがゴールポスト左に飛び込みトライ。キックも成功し4点差とした(20-16)。

 最後の望みに猛攻を見せるイーグルスだったが、追加点に時間を要してしまったか、4点差を埋めることができずノーサイド。パース・スピリットは、NRC初年度(2014年)以来2回目の決勝進出で、初の王者に輝いた。

 グランドファイナルのマン・オブ・ザ・マッチ「フィル・ウォー・メダル」には、パース・スピリットのFLリチャード・ハードウィック(フォース)が選ばれた。

 これにて今年のNRCは終了。来シーズンは、フィジーより「フィジー・ウォリアーズ」が加入し、9チーム参加の大会となる。

■準決勝
10月15日(土) NSWカントリー・イーグルス 50-24 メルボルン・ライジング
10月16日(日) シドニー・レイズ 24-42 パース・スピリット

■決勝
10月22日(土) NSWカントリー・イーグルス 16-20 パース・スピリット(文:Yasu Takahashi)