[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 ロッテは6月30日、公式ホームページ上で本拠地ZOZOマリンスタジアムにおける「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」を発表した。上限5000人での有観客開催が解禁となる7月10日からの西武3連戦から適用される。

・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/

 すでにNPBとJリーグが合同で開いている新型コロナウイルス対策連絡会議では、専門家チームから観戦時の新様式が提言されていた。基本的にはその内容に沿った防止対策となっている。

 まず球場内での鳴り物入りの応援は禁止される。当面の間、私設応援団の活動は行われない。ファンへの禁止事項として、ジェット風船、タオルを大きく振り回す応援や応援旗、応援ボードの使用。両手をメガホン代わりにした大声での声援、応援歌・球団歌の歌唱。客同士のハイタッチや握手など接触がある応援。飛び跳ねなど集団での動きを伴う応援や座席の上に立ち上がっての応援など、が挙げられた。

 全ての飲食店舗においてアルコール飲料の販売は行われない。売り子による販売もなく、球場内の飲食店舗の営業は6回裏終了まで。フードとソフトドリンクのみ販売される。ソフトドリンク自販機は終日利用可能だ。

 そして球場内ではマスクの着用が義務づけられる。場内での販売はなく、各自持参するしかない。入場時には検温を行い、体温37・5度以上の場合は入場できない。その他、体調不良や新型コロナウイルス感染症の兆候などの異変がある場合も来場を控えるよう訴えている。また海外から帰国して14日未満の場合も同様だ。

 観戦していたファンが、後日発症した場合などに備えて、チケットの半券は最低14日間は保管するよう呼び掛けている。来場者から感染者が出た場合には、対象席番を球団の公式ホームページで公表し注意喚起し、近隣座席購入者へは球団から連絡するという。

 またスタンドでの密集、密接を避けるため、スタンドに入ったホームランボールやファウルボールなどを、自席から離れて拾う行為は自粛するように呼び掛けている。

 「お客様にはご不便とご面倒をおかけしますが、下記対策内容をご一読いただき、安心・安全な試合運営にご協力をお願いします」と同ホームページでは訴えている。

 スタンドが昨年までの熱狂から様変わりしていまうことは避けられない。社会は自粛緩和へ向けて新型コロナウイルスとの共存、共生が求められており、ボールパークの中とて例外ではない。政府が示す目安では、8月1日からは上限が最大収容人数の半数まで拡大される見込みだともいう。今はまだテレビ画面を通じて声援を送ることしかできないが、再び目の前でプロ野球を見ることに飢えているファンの方々は、こうした新様式の観戦方法をしっかり認識しておく必要があるだろう。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/