新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。

※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編②パスカル・シアカム


所属:トロント・ラプターズ(イースタン・カンファレンス2位)

総合評価:A

■プロフィール

生年月日(年齢):1994年4月2日生まれ(26歳)

ポジション:フォワード

身長/体重:206センチ/104キロ

NBAキャリア:4年目

  

<今季ここまでの功績>

オールスター選出(初)

週間最優秀選手:2度

<2019-20シーズン 個人成績>

平均出場時間:35.5分(リーグ10位)

平均得点:23.6得点(リーグ15位)

平均リバウンド:7.5本

平均アシスト:3.6本

平均スティール:1.0本

平均ブロック:0.9本

フィールドゴール成功率:45.9%

3ポイント成功率:35.9%

フリースロー成功率:80.0%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)

出場時間:43分35秒(2019年11月12日/対クリッパーズ)

得点:44得点(2019年11月9日/対ペリカンズ)★(キャリアハイタイ)

リバウンド:18本(2019年10月23日/対ペリカンズ)

アシスト: 8本(2020年3月10日/対ジャズ)★

スティール:5本(2020年1月31日/対キャバリアーズ)★

ブロック:4本(2度)★(キャリアハイタイ)

フィ―ルドゴール成功数:17本(2019年11月9日/対ペリカンズ)★

3ポイント成功数:6本(2度)★(キャリアハイタイ)

フリースロー成功数:10本(2度)★(キャリアハイタイ)

★=キャリアハイ

開幕直前にマックス額で契約延長し、エースとして昨季覇者をけん引


 昨年10月。ディフェンディングチャンピオンとしてヒューストン・ロケッツとのジャパンゲームズで来日したシアカムは、第2戦(10日)を翌日に控えた9日の囲み取材で日本について聞かれると、こう切り返していた。

「僕は今回の旅ではほとんど寝てるね。午後8時に疲れて寝て、朝の3時には起きて、ちょっとしたらまた寝て、7時にはここにいるんだ。寝る以外、まだ何もするチャンスがなくて(笑)、それが今回の旅のこれまでの経験かな」。

 チーム練習やシュートアラウンドの時に白い歯を見せて楽しんでいたシアカムだが、ラプターズはカナダのトロントから13時間のフライトの末に来日。13時間という時差もあり、バスケットだけに集中していたのだろう。

 昨季MIPに輝いたカメルーン出身のフォワードは、カワイ・レナードがロサンゼルス・クリッパーズへ移籍したことで、今季はエースへと昇格。ジャパンゲームズ初戦で24得点11リバウンド4アシスト、第2戦では16得点7リバウンド4アシストと、いずれも30分未満のプレータイムながらエースとしての存在感を随所に垣間見せた。

 開幕直前にラプターズと4年1億3,000万ドル(当時のレートで約140億4,000万円)のマックス額で契約延長した“スパイシーP”は、開幕から毎試合20得点前後をたたき出して王者をけん引。12月に股関節を負傷し、11試合を欠場したものの、復帰後は再びチームのエースとして主にオフェンス面をリードし、出場した53試合すべてで2ケタ得点をマーク。

 王者ラプターズはシアカムをはじめ、カイル・ラウリーやフレッド・バンブリート、サージ・イバカ、マルク・ガソル、ノーマン・パウエルといった主力がいずれも10試合以上を欠場した中で、イースト2位の46勝18敗という好成績を残してきた。

 ニック・ナースHC(ヘッドコーチ)をはじめとする優秀なコーチングスタッフの働きは絶賛されるべきだろう。そして主力が複数欠場しようと戦い抜き、勝利を収めることができる強靭なメンタリティーは、シーズン再開後の“シーディングゲーム”(順位決定戦)や2連覇をかけて挑むプレーオフでも大きな武器となるだろう。

 エースとして臨むプレーオフで、シアカムがどのようなパフォーマンスを見せてくれるかは非常に楽しみだ。

「このチームのリーダーとして、もっとうまくならないといけない」


 シアカムは昨年11月12日に行われたクリッパーズとの今季初戦を前に、昨季共にプレーしたレナードについて、『NBA.com』へこう話している。

「すごく多くのことを学んだ。特に、彼が持つどんな時でも焦らない冷静さは、自分のゲームにも加えようとしている。ショットを何本外そうが、自信を持ち続ける。彼にはそのタフさが備わっていた」。

「プロとしての在り方を学んだと思う。カワイはものすごい努力家で、オフの日であろうと練習していたよ。カワイはパスカルが自分に似ていると感じていたんだと思う。今年の夏、あの2人は一緒に練習していたようだしね。フロアでは多彩なムーブをはじめ、ピック&ロールやボールプッシュ、ポストプレーに3ポイントとか。パスカルはコート内外で多くのことを学んだと思う」とナースHCは言う。

 3月2日のデンバー・ナゲッツ戦で、シアカムはフィールドゴール21投中6本(成功率28.6%)しか決められずに16得点と沈黙。ラプターズが一度もリードを奪えずに15点差で大敗を喫すると、シアカムは地元メディア『THE STAR』へ「いつもなら決まるショットを何本も落としてしまった。特にリムの前のショットをミスしてしまった。ああいうショットをフィニッシュできるようにならないと。もっといいプレーをしなきゃいけない」と反省。

 そして「このチームのリーダーとして、もっとうまくならないといけない。日曜(ナゲッツ戦)のようなゲームはやっちゃいけない。イライラしてしまうけど、自分がやっていることについては信じてる。これからも向上し続けていくことを自分に課し、ハードにプレーし続けていく」と宣言し、こう続けた。

「それは僕自身にかかってる。こればかりは誰かに助けてもらうわけにはいかないんだ。自分が変わらないと、何も起こらないからね」と前を向いた。

 今季オールスターに初選出されたシアカムはまだ26歳。昨季のファイナルで初優勝を飾った後に「僕はこのレベルでプレーするのにふさわしい選手だと思っていた。僕の物語はまだ始まったばかりだ」と話していたように、今後も選手として成長していくに違いない。