全国制覇につながらない“1試合限定”の甲子園にはどんな意味があるのか

 第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まり、約1か月。代替大会、引退試合、上の舞台、将来の夢……。球児たちも気持ちを切り替え、新たな目標に向かってそれぞれのスタートを切っている。新型コロナウイルスは彼らから何を奪い、何を与えたのか。Full-Countでは連載企画「#このままじゃ終われない」で球児一人ひとりの今を伝えていく。

 昨秋の関東大会を制し、神宮大会で準優勝。春夏の甲子園でも上位進出が期待されていた健大高崎。全国制覇の夢はついえたが、県独自のトーナメントが決まった群馬大会、甲子園での選抜出場校招待試合に向け、熱の込もった練習の日々を送っている。

「選抜が中止になったときはまだ夏があると気持ちの切り替えができた。そのぶん、夏がなくなったときは目の前が真っ暗になりました」と語るのは、主将の戸丸秦吾捕手(3年)。自粛期間中、チームメートと全く会えてないなかでの中止発表に「キャプテンの自分が真っ先に前を向かないといけない、ショックな気持ちとの板挟みの状況は、正直しんどかったです」と率直な思いを口にする。

 そんななかで届いた、甲子園での招待試合の一報。今はそこに焦点を合わせて練習を続けているが、全国制覇につながらない1試合のみの招待試合は、当人たちにとってどんな意味があるのだろうか。

「甲子園は4勝、5勝しないと優勝できない。それが1試合のみということで、その1試合で自分たちのやってきた3年間をどれだけ見せられるか。大勢の方が見てくださっているなか、その試合で人生が変わることもありますし、逆にプレッシャーな部分もある」と戸丸。「たとえ1試合でも、目標ができたことでまたレギュラー争いも始まりますし、自分たちにとってはとてもありがたいこと。今は全国大会決勝に臨むような思いで、練習にも熱が入っています」と、チーム全員がいい意味で気持ちを切り替え、新たな目標に向け練習に励んでいる。

自粛期間のなかで見えた、中止になった他競技の選手の思い

 仲間と会えず限定的な練習を強いられた自粛期間では、もどかしさの一方で、視野も広がったと感じることもある。「どうしても時間を持て余してしまって、他のスポーツの動画を見ていたんですが、バレーボールのセッターというポジションに興味がわいてきた。スパイクを打つ選手に、いかにブロックのないところで気持ちよく打たせるかがセッターの仕事。それってキャッチャーの役割とすごく似てるなと思って、共感する部分が多かった。セッターがどういう考えでプレーをしてるのか知りたくなって、中学時代の同級生で他校でバレーを続けている友達に連絡を取ったんです」

 高崎市内の進学校でバレーを続けるその友人は、昨年インターハイ予選の決勝で敗退。最後のインターハイとなった今年もコロナ禍によって出場機会を奪われた。大学でプレーを続けるかは未定だが、今は気持ちを切り替え受験勉強を開始しているという。

「ちょうどインターハイ中止が決まったころに連絡を取って、お互いの状況を話すなか、『野球だけでも頑張ってくれ』と言われました。結局野球も中止になってしまったけど、招待試合が甲子園でできるようになったときはすごく喜んでくれて、『絶対テレビの前で応援するから』と言ってくれました。中止になった他の競技の思いも背負ってるんだと、あらためて強く感じています」

 他競技の大会中止が相次いで決まるなか、甲子園中止にも少なからず作用したであろう“同調圧力”。「野球だけ特別ではない」との世論も、当事者たちの前では虚しく響く。それでもめぐってきたラストゲームの機会。最後のインターハイを奪われた友の思いも背負いながら、胸を張って最後の夏に臨む。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)