[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 球音が日常に帰ってきました。6月19日、遅ればせながらプロ野球が開幕。120試合制というオールスターもない過密スケジュールながらも、野球ファンは日々、スマホを眺めながら一喜一憂。ワクワクドキドキの毎日ですが、浮かない顔をしている人もいます。関西の大多数を占めるともいえる、阪神ファンです。


・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/

 「開幕から3カード連続の負け越しは最下位に沈んだ1998年以来、実に22年ぶりの屈辱ですからね。何といっても打てない。早くも首位の巨人とは4・5ゲーム差です。このままズルズル行っちゃいそうで、戦々恐々ですよ」(関西のスポーツ紙記者)

 負けが続くと、ついつい敗因に目が行くのは世の常です。年俸2億7500万円という高給取りの要素も相まってか、「バースの再来」ボーアの不振が大きいと猛虎党は口を揃えます。

 「球団の歴代新外国人野手では史上3位の高年俸。期待感が高まるのは当然でしょう。メジャー通算92本塁打と実績も申し分ない」(前述のスポーツ紙記者)

 しかし、開幕するといきなり18打席ノーヒットの衝撃デビュー。ことごとくチャンスで凡退し、ならばと打順を下げれば、またまた好機で回ってきてしまう…。

 一時はSNSのトレンドで「バースの再来」が上位にランクインされる始末。ボーアの打席は阪神ファンの枠を超え、全プロ野球ファンの関心事になりました。

 大阪のテレビ関係者はこう同情します。

 「大阪のスポーツメディアは、一塁を守る左打ちの大砲が来日する度、キャンプのフリー打撃を見ただけで『バースの再来』と報道してきた歴史があります。でもフリー打撃はあくまで『練習』ですし、打撃投手は何とか気持ちよく打ってもらおうと投げるわけですから、その打球を見て『バースの再来』と呼ぶのはかわいそうですよ」

 「だいたい、バースが活躍したのはもう35年前。携帯電話もインターネットも無かった時代です。いつまでそんな古き良き日々に囚われているんだって話です」

ちなみに、バースが1988年に帰国して以降、「バースの再来」と呼ばれた助っ人は20人以上とも言われています。中でも忘れられない男2名を挙げてみました。

・ルパート・ジョーンズ(88年)

 バースの後釜はメジャー通算147発の大砲。本場のオールスターに2度出場したホンモノ…とのふれこみでした。オールスター後の7月末から出場。後半戦の起爆剤として期待されました。

 ところが…。

 メジャーではほとんど守ったことのない一塁の守備が、あまりにもお粗末でエラーを連発。前任のバースは一塁の守備も結構上手かっただけに、虎党はむしろ「バースロス」を痛感する事態となりました。

 肝心の打棒も8本塁打、打率2割5分4厘と凡庸な結果に。記憶に残るのは日本初の背番号「00」の強烈さと、ベンチ内でお香を焚いていた謎の行動でした。

・マイク・グリーンウェル(97年)

 ええのとったで! グリーンウェル入団に関西が狂喜乱舞したのも当然です。G砲は88年にメジャーでシルバースラッガー賞を受賞したホンモノ中のホンモノ。MLB通算130発の長打力に、打率も残せるシュアな打棒は「バースの再来」どころか「バース以上」の名選手。年俸は助っ人史上最高額となる3億円超。期待は膨らんだまま、開幕を迎えます。

 ところが…。

 春季キャンプ中、背中の痛みを訴えていきなり帰国してしまいます。4月30日に再来日。「GWはグリーンウェルのウィークや!」と関西マスコミが鼻息を荒くしました。すると、公式戦初出場となった5月3日の広島戦ではV打を含む2安打2打点の大活躍。3試合で12打数5安打5打点とチームの勝率5割復帰に貢献します。

 しかし、5月10日の巨人戦では自打球を右足甲に当てて骨折。すると、プロ野球史に残る「迷言」が飛び出るのです。

 「野球を辞めろという『神のお告げ』だと思う」

 まさかの引退宣言。5月16日には機上の人となり、米国に帰ってしまったのです。

 さすがに…ということで、グリーンウェルは年俸の4割返上を自ら申し出ました。契約金の返還も打診しましたが、久万オーナーから「正直な、いい人だ」と言われ、返金はなくなったそうです。それを聞いて、正直でも、いい人でもなくていいから、しっかりプレーしてほしかったと全ての虎党は思ったものでした。

 2020年シーズンはまだ、始まったばかり。ボーアが今後覚醒し「バースの再来」になるのか、あるいは「バースの再来の再来」になるのか、しっかり見届けていきましょう。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/