ラグビー元日本代表の廣瀬俊朗氏は6月29日、音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新。コロナ渦で変わっていったアスリートの取り組みについて考えを展開した。

■廣瀬俊朗「アスリートの変化」の音声は【こちら】から。

競技の枠を超えていろいろと取り組まれている人は「ずいぶん増えてきた」と分析し、アスリートの多くが「価値があっていいなと思ってもらえるようなアウトプットするために学びの場を欲している」と述べた。中にはすでに学びの場を求めて行動している選手もいて「自分の価値って何だろうみたいなところを踏まえて、その延長戦上でできるアウトプットしている人たちが模索しながら積極的に活動している」。これからのアスリートについては「これまで以上に社会からいいねと思われる可能性があると思う」とし、オンライン中心の世界になったことで「効率的に学びができるところも大きくなっている」語っていた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net