観客を熱く盛り上げ、アスリートとファンを繋ぐ架け橋となっている彼女たちを応援する「スポーツブル」オリジナルのコンテンツ『CHEER(チア)』。試合に華を添える彼女たちも、またプロフェッショナルである。そんな彼女たちの魅力を深掘りし、1人1人の生き様にフォーカスしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前 : 近藤朋華(こんどうともか)
身長:156cm
出身地:北海道釧路市
趣味:音楽を聴くこと、ダンス動画を見ること
特技:食べること
チャームポイント: ショートヘア 
何年目:4年目 

どのような理由やタイミングでチアを目指されましたか?
小学生の頃、家族で札幌ドームへ試合観戦に行った時に、キラキラと笑顔が輝いているファイターズガールの姿を見て「自分も踊ってみたい」と当時は軽い気持ちで思っていました。 その後、中学生になってから、ファイターズダンスアカデミーに通い始め、段々とファイターズガールになりたいという思いが強くなっていったのがきっかけです。

チア生活の中での1番のやりがいは何ですか?
チームが負けてしまっても、ファンの皆さまが「ファイターズガールがたくさん応援している姿を見て、負けてられないって思ったよ!」と言っていただいた時はとても嬉しかったです。 
どんな結果であれ、ファンの皆さまが今日来てよかった、楽しかったと思っていただけることがやりがいです。 
もちろん多くのファンの皆さまに、ファイターズの勝利を見ていただくことが一番の喜びです!

1番印象に残っていることや忘れられない出来事は何ですか?
2019年4月25日の対イーグルス戦での試合です。 
同期の小山ゆうきと、8回から応援ステージで応援を盛り上げていました。延長12回、杉谷選手のヒットによりサヨナラ勝利!その瞬間、2人で抱き合い大泣きしながら、ステージ上に崩れたのを今でも覚えています。 
追いつき追いつかれの試合展開で、絶対に負けたくない!と私たちも全力で応援しました。 
帰宅してからも、互いに連絡を取りあい、夜中遅くまで勝利の余韻に浸っていました(笑) 

チアをしていく中での難しい点は何ですか?
自分自身が成長することです。
ファイターズガールは、ダンスパフォーマンスだけでなく、MCや接客など様々なお仕事があります。苦手なジャンルのダンスや、なかなか上達できない分野もありますが、在籍年数を重ねるごとに「出来ないといけない」という自分の中でのプレッシャーに勝ちきれないことが多くありました。 

1番大切にしていることは何ですか?
「CHEER」の本質を忘れないこと。「プロ意識」を常に持つこと。 
チアは、ダンスだけが出来ていればいいわけではない、見ている人を楽しませること、笑顔にすることなど、様々な要素が必要になってくるとても難しいお仕事だと感じます。 
自分自身の技術向上はもちろん、ファンの皆さまを巻き込んでの応援が大切だと思っています。 

オフの日(試合のない日)は何をしていますか?​
ダンスレッスンに通っています。 
最近は苦手なクラシックバレエを克服したく、クラシックバレエのレッスンに通っています。 

今後の目標(もしくは将来の夢)は?
テーマパークダンサーになることです。 ファイターズガールの活動を経験してから持つようになった夢です。 
テーマパークに行くことが大好きで、ショーやパレードを見てたくさんの感動を得ました。次は自分がゲストに幸せや感動を届ける側になりたいと思うようになり、夢に向けてたくさんの努力を積み、必ず夢を叶えたいです。 

【一問一答】

小学生の頃の夢は何でしたか?

イルカの飼育員、ファイターズガール 

生まれ変わったら何になりたいですか?
レコーディングエンジニア 

好きな言葉(座右の銘/四文字熟語)は何ですか?
雨垂れ石を穿つ 

何かスポーツはされていましたか?
バスケット、ダンス

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
通っているダンススタジオの先生

◆◆◆ チーム情報 ◆◆◆ 

ファイターズガール公式Instagram 

北海道日本ハムファイターズ「ファイターズガール」は公式Instagramにて、イベントやステージ情報、日々の活動の様子や舞台裏などを更新しています! 
ぜひフォローや「いいね!」をお願いします! 
http://instagram.com/fightersgirl_official

観客を熱く盛り上げ、アスリートとファンを繋ぐ架け橋となっている彼女たちを応援する「スポーツブル」オリジナルのコンテンツ『CHEER(チア)』
試合に華を添える彼女たちも、またプロフェッショナルである。そんな彼女たちの魅力を深掘りし、1人1人の生き様にフォーカスしていきます。