柔道全日本男子監督を務める井上康生氏は6月28日、音声配信サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新。現役柔道選手がSNS上1人で行える稽古やトレーニングを紹介する「Stand Up Judo!」について音声を残した。

■井上康生氏「Stand Up Judo!」の音声は【こちら】から。

この企画は「NowVoice」にも参画している大野将平や羽賀龍之介が中心となって取り組んでいる。新型コロナウイルス感染拡大の影響でたくさんの柔道家たちが正常な形で柔道がいつ再開されるのか不安を抱えながら生活を送っている中で「柔道の火をともし続けようという考えにはとても関心した」。そして、この活動について「選手たちが発案して行動に移すことに大きな意味を持っていると思う」と強調。影響力のある選手たちが競技面だけではなく、自分たちがスポーツによって学んだことや現在感じていることを様々な角度で発信していくことが「新たなスポーツの価値や力を引き出してくれる」と考えを述べている。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net