ユベントスのU-23チームが、歴史を作った。

イタリアでは、規則変更によりBチームをイタリア3部にあたるセリエC

に登録が可能に。ユベントスのみがそのシステムを利用し、今シーズンはセリエCを戦っている。

2019シーズンには明治安田生命J2リーグのアビスパ福岡で指揮を執っており、わずか4カ月で退任していたファビオ・ペッキア監督率いるユベントスU-23だが、コッパ・イタリア セリエCで決勝に進出。27日に行われた決勝でテルナーナを1-2で下し、見事にタイトルを獲得していた。

セリエCでは現在10位と苦しい戦いが続いているものの、カップ戦を制覇。これは当然のことながらU-23チームとして初の優勝となり、歴史に名を残すこととなった。