来夏の東京五輪代表に内定している柔道男子73キロ級の大野将平は6月26日、音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、最近トレーニングに取り入れているウエイトリフティングについて話した。

■大野将平「ウエイトリフティング」の音声は【こちら】から。

ウエイトリフティングの元五輪代表のトレーナーに指導してもらったのがきっかけで本格的に始めたといい、「最近では大会に出られるようなフォーム作りを目指している」。通常のウエイトトレーニングはトレーナーと相談して重量と回数を決めて行うので失敗することはないが、ウエイトリフティングは「技術的な要素が非常に大きくて失敗や成功があるので面白い」と魅力を語っている。さらに、瞬発系の競技なので「柔道の技をかける感覚にも似ていると思う」と分析し、「技をかけることをイメージしながら、好きで取り組ませてもらっている」と述べた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net