FC東京は26日、バンコク・ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入しているタイ人MFチャヤトーン(20)に関して、6月30日付で契約を解除することを発表した。両クラブ、選手合意のもととのことだ。

チャヤートンは、2019年からバンコク・ユナイテッドFCでプレー。今シーズン開幕前にFC東京へと期限付き移籍で加入していた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響でリーグ戦が中断。さらに、FC東京 U-23チームが明治安田生命J3リーグ不参加となっていた。

チャヤートンはクラブを通じてコメントしている。

「はじめに東京を応援してくださるすべてのファン・サポーターのみなさまに心から感謝を伝えたいです。短い間でしたが、日本でプレーする機会をもらえて本当に嬉しかったですし、日本での時間はとても充実して、楽しく幸せなものでした」

「タイに戻っても、東京でのこの経験を活かして頑張っていきたいと思います。繰り返しになりますが、自分を支えてくれたファン・サポーター、そしてチームメイトやスタッフのみなさんにもとても感謝しています。ありがとうございました」