女子生徒からの「そもそも好きってなんですか?」に“イチロー先生”が出した答えは?

 オリックス、マリナーズ、ヤンキース、マーリンズで活躍したイチロー氏が“先生”となり“生徒”の質問に答える「おしえて! イチロー先生」が話題になっている。SMBC日興証券株式会社が6月23日に公開した全27本の動画には、子供から大人まで幅広い年齢層からの質問が集まった。

「給食」篇の中から、今回は「そもそも好きってなんですか」に対し、答えるイチロー氏の世界観を紹介する。

 同社が公開したWEB動画は昨秋の「人生100年 イチローすごろく」に次ぐ第2弾。イチロー氏が先生役として教壇に立ち、小学生から70代までの“生徒”からの悩み相談に答える形となっている。

 給食を食べながら女子生徒からの“恋愛相談”を受けると「朝起きたときにそいつのことを考えてたらちょっと好きなんじゃないの?」と指摘。周囲の生徒たちもこれには「あぁー!」と納得の表情を見せた。

 本当に“好き”という感情を確かめるには朝起きた時の思いを重要視しているようだ。

「夜はダメです、判断力が鈍るから。重大な決断をしなくてはいけないときがあるでしょ? そういときに寝ないで考えましたとか。三日三晩、寝ないで考えた結論です、と感情的にくる。いやいや、そもそも寝ないと判断できないし。健康じゃないし暗いし。健康じゃないとダメ、狂うから」

 大きな決断をする場合は健康状態も重要で、冷静な判断ができる朝から昼にかけてがお勧め。“イチロー先生”の助言に子供たちも大きくうなずいていた。(Full-Count編集部)