マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、プレミアリーグ第31節チェルシー戦に向けてコメントしている。クラブ公式サイトが伝えた。

リーグ再開から連勝を収めているシティ。しかし、首位を独走するリバプールが優勝まであと1勝に迫っており、リーグ3連覇は絶望的な状況となっている。

そんなシティは25日に敵地でチェルシーと対戦。グアルディオラ監督はチェルシー戦も「大事」としながらも、タイトル獲得の可能性があるFAカップ準々決勝に目を向けた。

「ニューカッスル戦が視野に入っていることは否定できない。チェルシーとは大事な一戦だが、ニューカッスルは決勝のようなものだ」

「チームの選択は選手のコンディションによって異なる。我々はチェルシーとの試合だけでなく、次に何が起こるかを見ている」

また、連戦をこなしていく中で、チームのフィット感が足りていないと感じている模様。難しいながらも、計算してプレーしていく必要があると語った。

「まだ、チームはフィットしていない」

「3日ごとにプレーしていたら、いつフィットするか分かりません」

「我々がどのようにケガを避けることができるかを毎日見なければならない」

「状況を整理し、計算してチャンピオンズリーグに参加する必要がある。それが、我々がやらなければならないことだ」