ガンバ大阪は25日、FW中村敬斗(19)がシント=トロイデンへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2021年6月30日までとなる。

中村は、2018年にG大阪へ入団。J1リーグで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。公式戦では38試合に出場し8ゴール3アシストを記録していた。

2019年7月にはオランダ・エールディビジのトゥベンテへ期限付き移籍。今シーズンのエールディビジでは、17試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。

トゥベンテへのレンタル期間は2021年6月30日までだったが、これを打ち切り。ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンでプレーすることとなった。中村はクラブを通じてコメントしている。

「この度、ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVに期限付き移籍することになりました。FCトゥウエンテでは、1シーズンしかプレーすることができませんでしたが、成長を感じる毎日を過ごすことができ、とてもいい経験になりました」

「来シーズンはシント=トロイデンVVで新しいチャレンジに向けて頑張りたいと思います。オランダにいるときもそうでしたが、ガンバ大阪の結果はいつも気にしています! 僕もベルギーで精一杯頑張ってきます。お互い良いシーズンにしましょう!これからも応援よろしくお願いします」